はつき心療クリニック

福岡県福岡市城南区別府の心療内科、精神科のはつき心療クリニック

〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府3-9-34 ニッセイ・ディーセント城南101号
TEL 092-822-3237

rss

緑酒

緑酒

こんにちは!はつき心療クリニックスタッフです。

最近自分を鼓舞して家事をするときなどは、専らK-POPをかけていました。

お気に入りのプレイリストにMAMAMOOのHIP、Wanna OneのEnergetic、IZ*ONEのPanoramaなど高まるかんじのK-POPを集めて、掃除や食事作りに励むのが定番化していたところです。


20代の頃は、音楽というと歌詞を聴くためのものでした。

失恋しては加藤ミリヤさんの破滅的な歌の歌詞に激しく共感し、また人を好きになってはaikoさんの片思いソングを「自分の為の歌・・・!」と感動して聴いていました。

しかし昨今恋愛の浮き沈みから完全に引退し、音楽との関わりは「じっくり読むもの」から「バックグラウンドで聴き流すもの」へと変わっていて、そういった理由もありK-POP中心生活を送っていたものと思います。


そんな中、昔から敬愛して止まない東京事変の新曲「緑酒」が公開されていたのでじっくり聴きました。

【椎名林檎・東京事変オフィシャルサイト】
https://www.kronekodow.com/

タイトルの「緑酒(りょくしゅ)」とは、「緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう」という意味だそうです。

「乾杯日本の衆 今日は今日でまあ一つ 美味しいかどうかはさておきだ各種生業お疲れさん」という歌詞からはじまります。

歌詞を見ながら聴いてみると、小説を読んでいるような感覚でした。

日本語の美しさと奥深さに引き込まれ、気付いたら何度も何度も繰り返し聴いてしまいます。

「自由よいいように搾取されないで安く売らないで」という歌詞が中でも1番好きですが、これを自分の子どもに伝えたい、そのためにどうしたらいいか一緒に考えていきたいなどと考えが飛躍していきました。

東京事変(椎名林檎さん)の音楽は、楽曲としての痛快さはもちろん、読み物のように味わうこともでき、また違った楽しみ方があります。

6月9日にリリースされる東京事変のニューアルバム「音楽」が今から待ちきれません。

K-POPも日本の音楽もどちらもそれぞれ素晴らしく、これからもたくさんの音楽に助けてもらいながら生きていきたいと思います。

2021-05-29 16:01:44

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント