はつき心療クリニック

福岡県福岡市城南区別府の心療内科、精神科のはつき心療クリニック

〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府3-9-34 ニッセイ・ディーセント城南101号
TEL 092-822-3237

rss

トップページ»  スタッフブログ»  リコカツを勝手に婚活アドバイザー目線で見ている話

リコカツを勝手に婚活アドバイザー目線で見ている話

リコカツを勝手に婚活アドバイザー目線で見ている話

こんにちは!はつき心療クリニックスタッフです。

私は結婚相談所の仕事に以前から興味があります。

SNSでも婚活アカウントをフォローし、婚活のトレンドや成功事例などを探って、いつ結婚相談所の仕事をするようになってもいいよう密かに備えています・・・(笑)

そんな中、現在放送中のドラマ「リコカツ」は普通にドラマとしておもしろいのですが、結婚相談所目線(勝手に)で見ても大変参考になる点が多く、本当におすすめです。

https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/

以下第一話のネタバレも含まれますので、あらすじを知りたくない方はドラマをご覧になってから読んでください!




↓↓↓

主演の北川景子さんは、出版社に勤務する超美人で洗練された女性「咲(さき)」を演じています。

咲はそれぞれが自由に生活するかんじの家庭で育ちました。

小さいころから「顔が美人というだけで得していいよね」と周囲から揶揄されていましたが、本当は人一倍努力家です。

現在の仕事でのポジションも必死の努力でつかんだもので、そんな彼女の頑張りや仕事への情熱を理解してくれている素敵な弁護士の彼氏がいました。

しかし、5年も付き合っておきながら彼氏から「俺は結婚願望ない」と言われ、30歳を過ぎて結婚を考えていた咲はショックを受け別れます。

その悲しみを癒すため、後輩と出かけた登山で咲は遭難してしまいます。

遭難した雪山で永山瑛太(瑛太さんです!)演じる航空衛隊航空救難団の「紘一(こういち)」が咲を救助し、運命的な出会いを果たした二人は交際ゼロ日でスピード結婚します。
(絋一がヘリコプターから降りてきて咲を救出するシーンは、愛の不時着の出会いのシーンのようでドラマチックでした!)

大勢の人たちに祝福され華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると思われたのですが、、、

結婚式の翌日、咲は早朝4時に起床ラッパの音で起こされたうえ、紘一から緒原家の家訓を唱和させられ、5時には焼き魚とみそ汁と漬物の朝食を用意しておけと言われます。

絋一は、厳格な自衛官一家で育った前時代的なカタブツ人間で、咲とは育った環境も価値観もあまりにも違いすぎました。

生活スタイル、ファッション、外食のお店選び、インテリアなどすべてにおいてセンスが異なり、咲の不満が爆発。

紘一も「思っていた結婚生活と違う」と大喧嘩になり、互いに離婚を言い放ち、「リコカツ」(離婚に向けた活動)を開始します。



・・・ここから色んなドラマが始まっていくのですが、「もし結婚相談所の仕事をするとしたら、成婚後のカップルから実際に相談がありそうな出来事だな」と思いながら私は見ていました。

「そちらの結婚相談所で結婚したんですけど、思い描いていた結婚生活と違いすぎて離婚したくなりました!どうしてくれるんですか!」というケースは想像に難くありません。

結婚後に延々と続いていく地味ながらも困難さをはらんだ日常に焦点を当てておくことを、事前にお話ししておいた方がいいのでしょうが、こればかりは実際に生活してみないと想像しづらいことですよね。

私の場合結婚前に同棲していましたが、​一緒に暮らしはじめた当初は生活の細部全てにストレスを感じました!(笑)

今まで全く違う生活を送ってきた他人なので、当然と言えば当然かと思います。

今でもたくさん話して、時にぶつかって、どうにか折り合いをつけていく作業は続いており、これからもその繰り返しなのかもしれません。

離婚という選択肢も全然悪い事ではないと思いますが、結婚相談所におけるクライアント満足度向上のため、「結婚という目的達成」と、「幸せな結婚生活の維持」の2つを提供できる婚活アドバイザーになるべく、今後も考察を深めていきたいと思います(笑)



長たらしく書きましたが、リコカツは本当に笑って泣けておもしろいドラマです!

金曜22時~で、次回は5月28日(金)に第7話が放送されます。ぜひご覧になってみてください^^

2021-05-24 16:33:06

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント