はつき心療クリニック

福岡県福岡市城南区別府の心療内科、精神科のはつき心療クリニック

〒814-0104
福岡県福岡市城南区別府3-9-34 ニッセイ・ディーセント城南101号
TEL 092-822-3237

rss

トップページ»  スタッフブログ»  旅の思い出

旅の思い出

  • 件 (全件)
  • 1

広島に行きたい

こんにちは!はつき心療クリニックスタッフです。

私は大学生の頃広島にいて、広島が大好きになりました。

勝手ながら第2の故郷と思っていますが、もう何年も足を運んでいません。。


広島出身の友達とLINEなどでやり取りをしていて「~じゃけ」などという文字を目にすると、ふと広島に行きたくなります。

世の中が落ち着いたら必ずや旅行にいきたい場所のひとつです。

そこで今日は広島に行ったら訪れたい場所を勝手にランキング発表させて頂きたいと思います。





3位:東広島市(西条)の酒蔵

日本酒好きの方はご存知かもしれませんが、西条は兵庫県の灘、京都府の伏見とともに、酒造りに適した気候や地下水の恵みから「日本三代銘醸地」と呼ばれる酒どころです。

そんな「酒都(しゅと)西条」には7つの蔵元があり、それらの集まる「酒蔵通り」はとても趣のある街並みです。

私は「亀齢」という酒蔵のお酒が大好きで、中でも「ON THE ROCK」という日本酒が最高に好きです。

火入れをしていない吟醸生酒で、日本酒では珍しく氷をいれてキンキンに冷やして飲むと美味しいです。

西条のお酒は甘口が多いですが、亀齢のお酒は辛口が多く、広島の美味しい魚介類にとてもよく合って好みです。

福岡ではあまり見かけないので何度かお取り寄せしました。日本酒好きの方にプレゼントもしましたがとても喜んでいただきました。

地酒というのは現地の食べ物に一番合うと信じているので、広島の美味しい食べ物を頂きながら一緒に楽しみたいです!

【東広島市観光協会の酒蔵通りめぐり紹介】
https://www.hh-kanko.ne.jp/ginjyo/guide.html





2位:縮景園

広島藩初代藩主、浅野長晟(ながあきら)が別邸の庭園として築成した大名庭園です。

園内は自然豊かな庭園風景が広がり、広島市内の中心部からすぐ近くにあるのにここだけ異世界のようです。

私が広島にいるとき、福岡に住む祖母が遊びに来てくれて、平和記念資料館やこの縮景園を観光しました。

祖母と綺麗な花を見ながらゆっくり散歩したこの庭園の美しさが忘れられません。

【縮景園】
https://shukkeien.jp/





1位:尾道市

あまりにも好きすぎて、何をどうおすすめしたら良いかわかりません・・・!

大学一年生の頃同居していた女友達が尾道出身で、尾道の良さは彼女がたくさん教えてくれました。

まず美味しいものがたくさんあります!

尾道ラーメンなどの有名どころももちろんですが、茶房こもんのワッフルや、からさわのアイスもなかなど、レトロな商店街を歩きながらスイーツを色々食べてまわるのもとても楽しいです。

お好み焼きも広島市内のものと違って、砂ずりが入っていたりと珍しくて美味しかったです。

また、入り組んだ路地や階段、古いお寺など見どころいっぱいの「坂の町・尾道」を散策しながら、振り返ると広がる尾道の海を眺めるのも本当に楽しく、何度行っても足りないくらい魅力のつまった街です。

しまなみ海道のサイクリングなども人気なので、子どもがもう少し大きくなったら一緒に楽しめそうかなと思っています。

【尾道観光協会】
https://www.ononavi.jp/index.html


他にも、エディオンスタジアム広島(サンフレッチェ広島のホームスタジアムです)とか、感動するほど美味しかった海田市のお好み焼き屋さん「大樹(ひろき)」とか、西条のつけ麺屋さん(唐々亭)とか、行きたいところ、食べたいものがてんこ盛りですが、書いても書いても書き足りないのでこの辺にしておきます。

広島愛してます

2021-07-03 17:08:25

コメント(5)

折りたたむ

史上最も密だった祭り

こんにちは。はつき心療クリニックスタッフです!

何気なく過去の自分のSNSの投稿を見返していた時、思わず「密っ!!!」と叫んでしまうような写真を見つけました。



スペインのお祭り「ラ・トマティーナ」です!

トマティーナは、バレンシア州の街、ブニョールで8月の最終水曜日に行われる収穫祭です。

日本では「トマト祭り」と言われ、祭りの間だけは世界中から街の人口の倍以上の人が集まり、互いに熟したトマトをぶつけ合います。

その当時はコロナのコの字もなかったので、何の迷いもなく全力で密オブ密のお祭りを楽しみました!

トマト汁に浸りすぎて、祭りのあと数週間、耳、へそ、鼻の穴など、体中の穴という穴からトマトの種が出てきたのもいい思い出です!


スペインのみなさんは、祭りに限らずバルでもサッカーのスタジアムでも人と人との距離が近い(いい意味で)と感じていました。

挨拶をするときは、両頬にキスをするという文化があるくらいです。

一日もはやく心置きなく密になれる世界に戻るといいなぁと思います。

2021-03-05 13:51:11

コメント(0)

折りたたむ

旅の思い出を振りかえる3

こんにちは。はつき心療クリニックスタッフです!

この度の自粛期間において、心にビタミンをくれたものは韓国ドラマです!!

友達に薦められて見始めた『愛の不時着』で久しぶりにどっぷり韓国ドラマにはまり、
その後『梨泰院クラス』や『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん』、
『キム秘書は、いったいなぜ?』など見始めたらとまらなくなりました。

ドラマを見ていると、登場人物が食べているチキンやキムチチゲが食べたくなり、
ロケ地になった場所に行ってみたくなり、韓国旅行に行きたい気持ちが高まりました!

しかし今は旅行には行けないので、過去の韓国旅行を写真で振り返りたいと思います。


①私が1番好きな韓国料理、プサンに行ったときに食べた「テジクッパ」です。
注文すると豚肉の入った熱々のスープが出てきます。(スープは豚骨ラーメンに似たかんじです)
そこにニラやご飯やキムチなどを入れて食べます。
スープは淡白なのでアミエビの塩辛で塩加減を調整しながらそれぞれが好みの味付けに整えていただきます。

プサン地下鉄のソミョン駅の近くに「テジクッパ通り」というところがあって、そこにテジクッパのお店がずらっとならんでいました。
24時間営業のお店が多かったので、プサンに行かれた際の朝ごはんにもおすすめです!




②夏にいただく韓国の冷麺は最高ですね
私は混ぜ冷麺(ピビンネンミョン)が好きですが、『愛の不時着』でユンセリも食べたがっていた
平壌冷麺(水冷麺、ムルレンミョン)も美味しいですよね。
つるっとしたのどごしの麺とさっぱりした出汁が美味しくて、無限に食べられそうです。




③韓国の伝統茶(韓方茶)も大好きです。
韓国にはインスタ映えする感じのカフェもたくさんあるので、若人に交じって甘いかわいいスイーツを食べるのもいいですが、
こういった伝統茶のお店も落ち着きます。

体に染み入るようなお茶とやさしい味のお菓子を一緒にいただくと
前日の夜に飲みすぎたマッコリで疲れた内臓が喜んでいるようでした(^^)




韓国に行ける日まで、たくさん韓国ドラマをみて気持ちを高めておこうと思います!

2021-01-29 16:38:48

折りたたむ

旅の思い出を振りかえる2

こんにちは。はつき心療クリニックスタッフです!

今日は、私が若かりし頃、自分の失恋の原因はなんだったのか反省するために出かけた
「篠栗四国八十八ヵ所霊場」の旅についてご紹介したいと思います(笑)

お遍路といえば徳島、高知、愛媛、香川の4県にある四国霊場を八十八ヶ所巡るものが有名ですが、
福岡の都市圏である粕屋郡篠栗町にも篠栗四国八十八ヶ所といわれるお遍路スポットがあります!

私は仕事が休みの日に何回かに分けて、電車で篠栗駅や城戸南蔵院前駅まで向かい、
歩いて八十八ヵ所の札所を回りました。

福岡から四国まで行くのは時間がかかりますが、篠栗なら気軽に行くことができますし、
何より山々の自然が美しく、歩いているだけでとても気持ちが穏やかになりました。




金剛杖、菅笠、白衣などの服装で臨むのが正式なやり方かと思いますが、
私は登山をするときのような格好で行きました。

道中に出会ったほかのお遍路さんも、動きやすい服装の方が結構いらっしゃった印象です。

地図、納札、ろうそく、線香、賽銭、御朱印長などの持ち物が入ったリュックを背負い、
全長約50kmの道のりを次のふだ札所を目指して一人歩き続けました。

そして札所に着いたら納札を納め、ろうそく、線香、お賽銭を供えて読経する・・・を88回繰り返しました。




普段ならgooglemapで目的地までの道案内をしてもらいますが、
お遍路では紙の地図と、道中にある「へんろ道」の案内標識が頼りです。

こんな経験もなかなかないので、冒険しているような気持ちでわくわくしました。

初めの方は失恋の痛手を引きずっていたので、終始うつむき加減でしたが、
最後の方は元気になって、鼻歌を唄いながら周囲の景色を眺める余裕がでてきたのを覚えています。

(ちなみに季節が春だったこともあり、スピッツの「春の歌」をエンドレスで歌っていました。笑)

そしてついに八十八ヵ所打ち納めた瞬間は、久しぶりに味わう達成感に大感動しました!!

篠栗四国八十八ヵ所霊場の旅は、心に残る良い小旅行でした。
 

2021-01-21 17:24:15

折りたたむ

旅の思い出を振りかえる

こんにちは。はつき心療クリニックスタッフです!

私は旅が大好きでしたが、このご時世でなかなか遠出しづらくなってしまいました。

そこで今日は数年前の旅を振り返って、旅行気分を味わってみたいと思います。


こちらは青い空と青い海がとても美しい雲仙に一人旅をしたときの思い出です。



どこか懐かしいような港町を散策して、お昼には地元のお寿司屋さんに入ってみました。
魚が新鮮でおいしかったのを思い出します。


 
その後キャンプ場に向かってソロキャンプをしました。
カレーを作ってみたり、雲仙ハムを焼いてみたり。



夜はウイスキーを飲みながら焚火を眺めていました。



みんなでわいわい旅行に行くのも楽しいですが、一人でのんびり過ごすのも悪くないなと思います。

いつになるかわかりませんが、次はどんなところに旅をしようかなぁと妄想しながら過ごしています。

2021-01-21 14:47:55

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1